意識を高める

内定者フォローの方策について

内定は入社する前年の10月1日まで与える事ができません。しかしその代わりに内々定と呼ばれる手段が登場しました。内々定とは内定するという口約束に値するものです。口約束なので法的な意味はありませんが、内々定を軽視する会社は信頼を失います。それ故に内々定を獲得するため、世の中の学生は就職活動に勤しんでいるのです。多くの企業は10月1日の時点で内定を出します。そして入社式まで学生は自由の身になるという事です。しかし入社式まで時間がある学生にはどうしても緩みが発生します。だから内定者フォローと呼ばれる概念があるのです。内定者フォローは入社式の当日まで、新入社員に対して連絡や教育を行う事を指します。その内容は所属する部署に応じて変化する事もあります。

内定者へのフォローは双方にとって意義がある

内定者フォローは企業が社員の意識を高めるために行うものです。しかし内定者フォローを実施する事は、企業だけが得をしているとは限りません。内定者フォローを行う企業側は、新入社員のために貴重な労働力を割きます。それは経費が発生する事を意味しているのです。入社希望者は時間的な拘束を受ける事になります。しかし入社してから業務を遂行する事や、外部業者との折衝において受けた教育の効果が発揮されるのです。ビジネスマナーを知らない状態で社会で活躍する事はできません。ビジネスマナーとは言語や文化の様なものであるため、習得を軽視すると能力を発揮できない恐れもあります。企業は即戦力を獲得する事に繋がり、学生は教育を無償で受けられるため、内定者フォローには双方にメリットがあると言えます。

採用後のフォロー

企業が採用した内定者に対して行うセミナーや研修があります。採用後のモチベーションの向上や内定辞退の防止に大きな効果があり、企業にとっては必要な制度とも言えます。

Read More

人材育成の重要性

優秀な人材を育成することは、業績の向上にも繋がるため、企業にとっては必要な課題です。専門の研修会社に依頼し講師を招いて研修を行う場合もあります。人材育成研修にはたくさんのメリットがあるのです。

Read More

営業研修の利点

営業が苦手な社員や入社したばかりの社員を育成するためには営業研修が効果的です。営業活動は業績を左右する要素であるため、企業にとっても必要な研修であるとも言えます。

Read More

社員研修の重要性

社員研修によって得られる効果は企業にとって必要不可欠な信頼関係の向上も含まれます。先輩社員の話が聞けたり、仲間同士で励まし合ったりできる時間を通して、会社全体の信頼関係を強いものにできるのです。

Read More